男の人

オフィスデザインで職場の内装を変えよう|理想の職場環境を作る

デスクも年々進化している

社内

長時間利用しても疲れない

最近のオフィスデスクは多様化しています。昔のように金属主体で作られたデスクにマットを敷いて利用する光景などほとんど見られません。利便性を考慮した釣りになっているのです。特にオフィスデスクは長時間利用することを目的として設計されていますので、人間工学や環境工学などに基づいて長時間使用しても疲れにくい構造を主体としています。引き出しの位置や深さなども手の届く範囲やかがむ姿勢などを考慮して場所などが配置されています。何気なく利用しているデスクもIT技術が向上しパソコンを日常的に使用することが多くなることで奥行きを変更したりする工夫もなされているのです。さらに隣との間隔もストレスを感じにくい幅にするなどの工夫がなされています。

工夫次第で使いやすくなる

更に、仕事のモチベーションが向上しやすい工夫もなされています。デスクトップパソコンと紙書類を同時に使用するような場合、手元にあるキーボードが紙書類の時には邪魔になることもあります。そのため横に移動したり前後のスペースを自由に使用できるように工夫しているデスクも登場しています。また、同じデスクでも工夫次第で快適に利用することができます。常に広く使用するためにはオフィスデスク上に物を置かないことです。デスク上の本立てなどを撤廃することで圧迫感から解放されます。デスクワゴンや脇机を有効活用することで物の収納に困ることからも解放されます。引き出しにしまったりキャビネットに収納するなどよりは、オフィスデスク周辺で解決させることができるメリットがあります。